フェラの時あなたの手はどこにある?手コキで彼を快楽に導く15のテク

手コキの仕方

フェラをしている時、あなたの手はどこにありますか?

前回の記事では、上手な女性ならみんなやっているフェラの基本テク6つをご紹介しましたが、今回は、前回お伝えしきれなかった「手の動き」についてご紹介していきたいと思います。

フェラと聞くと、重要なポイントは舌の動きだったり、唇の使い方などだと思ってしまいがちですが、思っている以上に「手」が重要になります。

手の使い方をマスターすることができれば、フェラのテクニックはどんどん向上していき、彼に極上の快楽を与えることができるようになります。

ということで!

早速、手を使って彼を快楽に導く15のテクニックを見ていきましょう。

\既婚彼との恋に未来はある?/ 不倫相手の既婚彼氏との将来を占ってもらった

1.手コキをするときの3つの大前提

手コキの仕方

テクニックを確認するまでに、まずは3つの大前提から確認していきましょう。

基本中の基本ですが、意外とできていない方も多いのようなので、「私は大丈夫か?」と確認しながら読み進めてください。

1-1.ヌルヌルの状態にしておく

これは前回の記事でもお伝えしましたが、フェラの気持ちよさを決めるのは、

  • 唾液の量
  • 体の密着度
  • 手の使い方

以上の3つです。

手コキの場合でも、唾液の量はかなり重要で、ペニスがヌルヌルになっているかどうかで気持ちよさが全く違います。

そのため、手コキをする際はペニスをヌルヌルな状態にしておくことがマスト。

どれだけ優れたテクニックを持っていたとしても、

  • 乾いたペニスに手コキをするのか
  • ぬめりのあるペニスに手コキをするのか

で、彼の感度は全然違うので、フェラで唾液を垂らしてから手コキに移行する流れが基本となります。

また、唾液の分泌量が少なかったり、手コキから始めたい場合などは、ローションを使い、彼のペニスにネットリとしたぬめりを与えておきましょう。

1-2.爪の手入れをしておく

ネイルをしたかったり爪を伸ばしたかったりすることもありますが、爪で引っ掻いて彼のペニスを傷つけないために、出来る限りの配慮をしておくことも大切です。

フェラの時に歯が当たるのと同じように、手コキの時に爪で引っ掻いてしまうことはタブー中のタブーです。

1-3.上下に動かすのは勃起してから

彼のペニスをいきなり上下にシゴいていませんか?

また、勃起していない状態のペニスを指でつまんで上下に動かしたり、、、

基本的に、手コキをするのは勃起した状態のペニスだけです。

萎えていたり半勃ちの状態のペニスに手コキは向かないので、フェラや乳首への愛撫などでしっかりと勃起させてから行うようにしましょう。

2.彼の気持ちよさを倍増させる7つの極上手コキテクニック

手コキの仕方

3つの大前提が確認できたとこで、彼の気持ちよさを倍増させる手コキテクニックを見ていきましょう。

まずは、基本となる7つのテクニックから。

2-1.最初はペニスにエステをする感覚で

これは基本中の基本です。

いきなり強い力でペニスを握ったり激しく上下に動かす方もいますが、それをしてしまうと、気持ちよさよりも痛みのほうが勝ってしまいます。

クリトリスへの愛撫でも、いきなり激しくされるより、最初は優しくなでるように触られ、徐々に激しくなっていったほうが圧倒的に気持ちいいですよね。

それと同じで、手コキも最初は優しくなでるような愛撫から始めていくことが大切です。

イメージとしては、彼のペニスでエステをしているような感覚ですね。

  • 優しく
  • 撫でるように
  • じわじわと

以上の3つのキーワードを意識して、手コキをはじめましょう。

2-2.動きに緩急をつける

動きに緩急をつけることの大切さは、前回の記事「上手い女性はみんなやってる!知っておきたい6つのフェラの基本テク」でもご紹介しましたね。

動きに緩急をつけることによって、

  • 次はどういう動きになるのか?
  • 次はどれくらいの速さになるのか?

と、次の動きを予測されづらくなるので、一定のリズムで行う手コキよりも気持ちいいと感じさせることができます。

フェラや手コキで逝かせることができない方は一定のリズムになっていて、「速く動かせば気持ちいい」と思い込んでしまっている方も多いので、

  • 基本となるスピードでの手コキ
  • ゆっくりと動かす手コキ
  • 速く激しく動かす手コキ

の3種類のスピードを合わせて行っていくことで、より彼に快楽を味わわせることができます。

2-3.上下運動だけでなくひねりも加える

手コキは手を上下に動かすだけではありません。

手首は上下左右に動く関節なわけですから、それを最大限利用するべきです。

そのため、彼にもっと気持ちよくなってもらうために、ひねりを加えた動きも取り入れていきましょう。「ローリング」と言われている動きですね。

ひねりを加えることで、

  • 上下にシゴかれる快感
  • 横方向になでられるような快感

を与えることができます。

また、サオだけでなく亀頭部分でひねりを加えることで、より気持ちよさを倍増させることができますよ。

まゆこ
SEX担当
最初は、サオで上下運動をして、上に上がってきた時に亀頭を手のひらで包んでくるっと一周させる、そしてまた根本の部分に下りていく…というような練習をすると上達も早いと思います!

2-4.裏筋を指でなぞるように責める

裏筋への責めも大切。

裏筋を指先でなぞるように責めることで、上下運動やひねりとは一味違う「ぞぞぞっ」となる快感を与えることができます。

裏筋には快感の神経が集中しているため、強く刺激しなくても感じやすい部分です。

むしろ、強く刺激をしてしまうことは逆効果になることが多いので、赤ちゃんの肌を触るように優しく愛撫していくことが大切です。

その後、彼の反応を伺いながら徐々に刺激を強くしていき、彼にとってどれくらいの力加減がベストなのか探っていきましょう。

まゆこ
SEX担当
感じる力加減は人によって違うから、彼だけのポイントを見つけることが大切!

2-5.亀頭を優しくなでるように責める

サオだけでなく、亀頭への愛撫もしていきましょう。

亀頭は感覚神経が集中しているかなり敏感な部分で、ペニスの中で最も感じやすい部分です。

そのため、亀頭へ愛撫をする時には、唾液を垂らしたりローリングをつけたりして、さらにヌルヌルにした状態で行うことが好ましいですね。

敏感な部分だからこそ、快楽も味わいやすく気持ちよさを感じやすいですが、乾いていたり力を入れすぎたりすると、快感よりも痛みのほうが大きくなります。

その結果、手コキが下手と思われてしまうこともあるので、

  • しっかりとぬめりを与えること
  • 力を入れすぎないこと

以上の2点には特に注意してください。

亀頭の気持ちいい触り方

亀頭の気持ちいい触り方としては、亀頭部分で上下運動をするというよりは、先ほどご紹介した「ひねり」を使って、手のひらで優しく包み込みながらなでるようなイメージで愛撫していきましょう。

また、サオをしごいて手が上に上がってきた時に、亀頭部分まで優しく絞り上げるような触り方もGoodです。

2-6.玉袋をマッサージする

ペニスに集中して、玉袋には一切触れない方も多いのではないでしょうか?

玉袋もペニスと同様に唾液やローリングで濡らしておくことが大切ですが、玉袋への愛撫をしていくだけで一気に手コキは上達します。

また、玉袋は普段触れることがない部分なので、外部からの刺激には非常に敏感です。

そのため、優しすぎるくらい優しい触り方でも十分OKなので、

  • ゾクゾクなる気持ちよさ
  • 思わず腰が浮いてしまう気持ちよさ

を与えることを意識しましょう。

玉袋の気持ちいい触り方

玉袋の触り方は、

  • 触れるか触れないかくらいの力加減で、指を玉袋の外側から中心に集めていく
  • 下(肛門側)から上(ペニス側)に向かって優しく指でなぞっていく
  • 玉袋と脚の付け根の部分を指で1周する

などですね。

玉袋だけでなく、睾丸マッサージなどのテクニックもありますが、慣れていない人が行うと痛みを感じることもあるので、覚えるのは玉袋への愛撫をマスターしてからしてからにしたほうがいいかもしれません。

2-7.指で輪っかをつくりカリを刺激する

人差し指と親指で輪っかを作り、カリに引っ掛けるのも効果的。

まゆこ
SEX担当
カリとは、サオと亀頭を分けているぷっくらしている部分のことですね!

カリに作った輪っかを軽く引っ掛けるように指を上下に往復させ刺激していくことで、サオや亀頭とは違った快感を与えることができます。

ただ、カリへの刺激も、

  • しっかりと濡らすこと
  • 強く刺激しすぎないこと

以上の2つに注意してください。

3.さらに彼を興奮させる8つの上級者テクニック

手コキの仕方

ここからは、基本のテクニックを応用した上級者編です。

複数のテクニックや愛撫を組み合わせて行うことで、より興奮させることができ、彼の感度もどんどん上げていくことができるので、気持ちよさも倍増していきます。

3-1.亀頭フェラ+手コキ

亀頭へのフェラと手コキの組み合わせは、すでにやっている方も多いのではないでしょうか?

亀頭は口で責めつつ、サオは手で責めるテクニックです。

この時も、ただ上下に動かすだけでなく、動きに緩急をつけたりひねりを加えたりすることが大切です。

また亀頭へのフェラでは、亀頭を口でパクっと咥え、舌で亀頭をぐるっと1周させたりするのも非常に効果的です。カリを舌でなぞるのもいいですね。

とにかく、手の動きも口の動きも単調にならないようにすることが重要なので、

首を左右に振り、上下だけでなく横方向への刺激を与えてみる

  • 手をひねりながら上下させてみる
  • 舌で亀頭を転がしてみる

など、色々とアレンジを加えていきましょう。

3-2.エアフェラ+手コキ

エアフェラ+手コキもかなり効果的です。

このテクニックでの刺激のメインは、舌と手になるのですが、自然と唾液の分泌量が多くなるので、かなり深く濃い快感を与えることができます。

やり方は、フェラをしながら手コキをするやり方とそれほど違いはないですが、唇は彼のペニスにつけるのではなく、手コキをしている自分の指につけるようにします。

一度、フェラをする口の形と手コキをする手の形を作ってみてください。

そして、そのまま手を唇につけます。

この状態で、フェラをするだけです。

コツとしては、

  • 唇ではなく舌でペニスを刺激する(裏筋を舐めたり、亀頭を転がしたり)
  • 出てきた唾液はそのままペニスに垂らす
  • 手の動きをランダムにする

ということですね。

かなり簡単にできるにも関わらず、気持ちよさは全然違うので、ぜひ試してみてください。

3-3.フェラ+乳首責め

これも定番ですね。

フェラをしている時に、手で彼の乳首を刺激していきましょう。

乳首を刺激する時は、乾いた手で刺激してもいいですが、フェラをしている時に出た唾液で濡らして刺激するとなおいいです。

また、自分の指を彼に見せつけるように咥えて濡らすのも、彼をより興奮させることができるのでオススメです。

まゆこ
SEX担当
慣れないうちは恥ずかしいかもしれませんが、興奮が大きくなれば感度も増していくので、思い切って試してみてください!

3-4.添い寝+乳首責め+逆手手コキ

前回の記事では、彼の片脚の太ももにまたがるのがフェラの基本の姿勢とお伝えしましたが、彼の横で彼のほうを向いて寝転がり、乳首を責めながら手コキをするのも効果があります。

彼の乳首があなたの顔の位置にくるように寝転がり、乳首を舐めながら手コキをしていきます。

この時は、なるべく彼とあなたの体が密着するように意識してください。

また、手コキをする手は、順手ではなく逆手で行うことで、普段は刺激されない部分を刺激することもできるので、

  • 体の密着
  • 乳首への愛撫
  • 普段は味わえない刺激

によってより興奮し感度も増します。

まゆこ
SEX担当
乳首を舐めている時は、彼のことを上目づかいで見つめることを忘れずに!

3-5.上下運動+ひねり+亀頭責め

手コキの基本の動きとなる「上下の動き」、そして上記でご紹介した「ひねり」と「亀頭責め」を一連の動作で行っていきます。

このテクニックを身につけるだけで、かなり手コキが上達しますが、慣れるまでは結構難しいので、空いた時間に自宅で練習するか、彼に「試してみたいことがあるの!」と伝えて練習させてもらいましょう。

また、彼には何も伝えずに試してみて、「これどう?気持ちいい?」と聞いてみるのもいいですね。

もう離れられない!セックスで不倫相手の彼を虜にする7つのテクニック」でも書いたように、「気持ちいい?」を言葉にすることも、あなたと彼のセックスをより良いセックスにするためには必要なことなので、恥ずかしがらずどんどん聞いていきましょう。

3-6.玉袋+フェラ(or手コキ)

玉袋とフェラを同時に行うことも効果的です。

玉袋を手で優しく愛撫しつつフェラをする。

これだけのことで、気持ちよさは大きく変化します。

逆の場合も同じで、玉袋を舐めつつ手コキをする場合でも、感度はどんどん増していきます。

これまででもご紹介してきた、

  1. 興奮する
  2. 感度が増す
  3. 気持ちよくなる
  4. もっと興奮する
  5. もっと感度が増す
  6. もっと気持ちよくなる

というループですね。

3-7.両手手コキ

「手コキは片手ですること」という先入観があるので両手で手コキをする方は少ないですが、両手での手コキは本当にオススメです。

両手で手コキをする方法は主に3通りあり、1つ目はサオを両手で挟み、竹とんぼを飛ばすようなイメージで刺激する方法。

もちろん、しっかりと濡れていることや強く刺激しすぎないことが大前提ですが、「純粋な左右の刺激」に興奮する方は多いですよ。

そして2つ目の方法は、両手を上下に合わせた状態でペニスを包んでモニュモニュと揉み込んでいく方法。

唾液などでしっかりと濡れていてヌメヌメしていることで、軽く揉み込むだけでも自然と上下左右への刺激を与えることができます。

両手を使うことえ、ペニス全体を同時に刺激することができるので、これまでに味わったことのない快感を与えることができますよ。

3つ目の方法は、両手を握った状態でペニスを包み込み、上下の手コキをしていく方法。

ペニスと手が触れている接地面積を増やすことができ、ペニスの左右をしっかりと刺激することができるので、より深い快感を与えられます。

両手を使った手コキ方法をまとめると、以下のようになります。

  • サオを両手で挟み、竹とんぼを飛ばすようなイメージで刺激する方法
  • 両手を上下に合わせた状態でペニスを包んで、モニュモニュと揉み込んでいく方法
  • 両手を握った状態でペニスを包み込み、上下の手コキをしていく方法

3-8.尿道口責め

尿道口責めは超上級者向けのテクニックです。

尿道口とは、亀頭の先端の切れ目が入っている部分ですね。

ここを刺激されると、

  • 気持ちいいと感じる人
  • 痛いと感じる人

のどちらかに別れるのですが、Mっ気のある男性はここを刺激されるのが好きな傾向があります。

刺激方法としては、尿道口を軽く指で触ってみたり、開いてツンツンしてみたりなど、「軽い刺激」が基本ですが、中にはより深い快感を求めて、強い刺激を要求する男性もいます。

この辺りは、彼の性癖に大きく左右されるので、尿道口を責める場合は彼に確認しながら行うようにしたほうがいいですね。

4.彼の反応を伺いながら、彼だけの手の使い方をマスターしよう!

今回は、手コキで彼を快楽に導く15のテクニックをご紹介しましたが、試してみたいテクニックはありましたか?

どのテクニックを試すとしても、彼の反応を伺いながら行うことが大切なので、反応を伺いながら「どこが気持ちいいのか?」「どうするのが気持ちいいのか?」を徹底的に探ってみてください。

そうすることで、彼が最も感じる手の使い方をマスターできると思いますよ。

次回の記事では、彼に120%の快楽を味わわせる舌の使い方をご紹介していきますね。

次回の記事

この連載の記事一覧

スキマ時間に読みたいちょっぴりエッチなオトナコラム


不倫コラム一覧へ

人気記事

最新情報を配信中!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

コメントを残す

*