不倫で別れた後に送る彼へのLINEやメールで気をつけたい5つのこと

元不倫相手に連絡

不倫関係だった彼と別れてからしばらく時間が経ち、久しぶりに彼に連絡をしようと考えている方も多いかと思います。

また、復縁するために冷却期間を置き、冷却期間後に連絡をしようと計画を立てている方もいるでしょう。

でも、久しぶりの連絡って、本当に内容に悩みますよね。

  • これで返信はくるのか?
  • この内容で大丈夫か?

など不安に思うことも多いです。

しかし、彼へ連絡する目的は、あくまでも返信をもらい今後の関係に繋げていくことですよね。

返信をもらうためには気をつけなければいけないポイントもいくつかあります。

そこでこの記事では、彼への連絡で気をつけたい5つのことや内容の例文などについてご紹介していきたいと思います。

彼に連絡をしようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

\既婚彼との恋に未来はある?/ 不倫相手の既婚彼氏との将来を占ってもらった

1.不倫関係だった彼の久しぶりの連絡で気をつけたい5つのこと

元不倫相手に連絡

では早速、彼への連絡で気をつけたい5つのことを見ていきましょう。

1-1.いきなりの電話は絶対にNG

いきなりの電話は絶対にNGです。

声を聞きたかったり、しっかりと言葉で伝えたかったりすることもありますが、それは今することではありません。

不倫相手と別れた後の男性の気持ちが5分で分かる心理の変化」でもご紹介していますが、不倫を終えた男性の多くは、元不倫相手と距離をとりたいと考えています。

この理由は、不倫を終えた今でも不倫をしていたことはバレてはいけないことであり、絶対に隠し通していかなければいけないことだからです。

二人の距離が近いほどバレるリスクも高くなるので、関わりたくないとまではいかなくても、ある程度の距離感を保っておきたいと考えることが自然です。

そのため、電話をかけても出ない可能性が高いですし、そもそも電話に出られる状況ではない可能性もあります。

また、あなたが彼に電話をしたことで、彼の奥さんにあなたから電話がかかってきたことがバレる可能性もありますよね。

そうなると、監視が厳しくなるので、復縁しづらい環境になってしまいます。

とにかく、いきなり電話をするメリットは何一つないですし、リスクがかなり大きいので、電話は絶対にやめておきましょう。

1-2.未練を感じさせない

未練を感じさせないことも大切。

未練を感じさせるような連絡をしてしまうと、

  • 戻りたいとか言い出すんじゃないか?
  • 復縁を迫られるんじゃないか?
  • またやり直したいと言われるんじゃないか?

という警戒心が生まれます。

たとえ、彼も復縁したいと思っていたとしても、あなたの未練を感じさせることで、

  • 今じゃなくても復縁できる
  • その気になったらいつでも復縁できる

という余裕を与えることになるので、「復縁しなければいけない理由」は薄れていきます。

なぜなら、復縁しなくても関係を続けていける可能性があると考えるからです。

1-3.長文は送らない

久しぶりの連絡だと長文を送ってしまいがちですが、やはり長文もNGです。

と言うのも、

  • 今、彼はどのような環境で
  • 今、彼はどのような心境で
  • 今、彼は何を考えているのか

などが分からない状態だからです。

あなたに対する気持ちも全く分からない状態とも言えますね。

そのような状態で、長文を送ったとして、彼はしっかりと読んでくれるでしょうか?

開いた瞬間に、「あ、長い」と思い、閉じてしまわないでしょうか?

長文を送って、彼が返信するのか無視をするのかは、正直分かりません。

しかし、長文は返信しづらい連絡であることは間違いないですし、とりあえずの目標は「返信をもらうこと」であり、彼に気持ちを伝えることではないので、返信のしやすさを意識したほうがいいですね。

1-4.返信できる時間に連絡する

交際していた時にもおそらく連絡に関するルールがあったと思います。

例えば、

  • 家にいる時は連絡していはいけない
  • 彼から電話がくるまで電話はしてはいけない

などなど。

そのルールから、彼が連絡をとれる時間帯だったり、曜日などはある程度把握できていると思います。

その時間帯に連絡をすることがベストですね。

先ほども書いたように、返信をもらうことができなければ復縁につなげることはできません。

内容だけでなくタイミングも非常に大切なので、彼が返信できる時間を狙って連絡をするようにしましょう。

1-5.連絡した意図を明確にする

最初の連絡では、連絡した意図を明確にすることが本当に大切です。

例えば、

  • 久しぶり!元気にしてる?
  • 最近どうしてる?

と近況を尋ねるような連絡をした場合、彼の立場からすると「なぜ連絡してきたのか」が分からないわけです。

  • 何を聞きたいのか?
  • 何を知りたいのか?
  • 何がしたいのか?

などをこの連絡から読み取ることはできませんよね。

すると、返信する理由も薄れ、警戒心も強まることから、返信がもらえる可能性は格段に低くなります。

連絡した意図を明確にするということは、彼が返信する理由を作ってあげるということでもあるので、なぜ連絡してきたのかが明確に分かる内容にすることが大切です。

2.不倫関係だった彼への3つの連絡内容

元不倫相手に連絡

ここからは、彼に送る連絡内容をご紹介していきます。

3つの内容をご紹介しますが、例文も合わせてご紹介しているので参考にしてみてください。

2-1.質問の連絡

例文1

久しぶり!ちょっと聞きたいんだけど、前に話してたお店ってどこにあるんだっけ?店名忘れちゃって検索もできなくて…

例文2

久しぶりだね。○○くんに聞きたいことがあって連絡したんだけど、○○くんって□□好きだったよね?△△が分からなくて悩んでるんだけど、時間があるときで大丈夫だから教えてほしいな。

ポイント

質問の連絡をして一番最悪なケースは、

  • それくらい自分で調べろよ
  • 俺に聞かなくてもいいじゃん

と思われることです。

質問をすることで連絡の意図は明確にすることができていますが、彼に聞いた理由も明確にしておくことで返信ももらいやすくなります。

上記の例で言うと、

  • 前に話してたお店ってどこにあるんだっけ?
    彼との会話で出てきたお店
  • ○○くんって□□好きだったよね?
    彼の好きなことに対しての質問

ということになるので、彼に聞いた理由や彼に聞かなければいけなかった理由も明確になります。

彼に聞く理由も明確にしておくことで、

  • それくらい自分で調べろよ
  • 俺に聞かなくてもいいじゃん

と思われることもなくなりますし、返信しよう(教えてあげよう)という気持ちも芽生えやすくなります。

2-2.物の貸し借りの連絡

例文1

久しぶり。○○くんに□□借りたままになってるんだけど、これってどうすればいいのかな?捨てるわけにはいかないし、借りたままにしておくのもよくないと思うから、どうすればいいか返信ください。

例文2

久しぶり。○○くんに△△貸したままになってるよね?あれ返してほしいと思ってるんだけど、時間があるときでいいから返してもらってもいい?

ポイント

ポイントとしては、

  • いついつに返すね!
  • いついつまでに返してね!

と日時を指定するのではなく、どうするかは彼に全て任せるということです。

どうするかを彼に任せることで、気軽な気持ちで返信をしやすくなり、

  • いらないならいらない
  • いついつに返す

と、「返信」という「アクション」を起こしやすくなります。

2-3.イベントの連絡

例文1

誕生日おめでとう!○○くんにとって良い一年になるといいね!

例文2

久しぶり!今日って○○くんの誕生日だよね?おめでとう!

例文3

あけましておめでとうございます。今年も体に気をつけて過ごしてくださいね!

ポイント

誕生日やお正月、クリスマスなどのイベントの時に連絡をする場合は、サラッとした内容のほうが返信が返ってきやすくなります。

イベントの連絡は、どうしても未練が伝わりやすくなってしまい警戒もされやすいですが、サラッとした内容にすることで彼の警戒を抑えることができるからです。

また、イベントの連絡は復縁のきっかけ作りの定番でもありますし、連絡の意図や返信する理由なども明確なので、気軽な気持ちで返信をすることもできます。

2-4.久しぶりの連絡は「返信のしやすさ」を一番重要視する

ここまででも書いてきましたが、久しぶりの連絡で一番重要視するべきことは、「返信のしやすさ」です。

彼への最初の連絡はあくまでも、

  • LINEなどでやり取りできる関係を構築する
  • 少しでも二人の距離を近くする

ことが目的であり、自分の気持ちを伝えたり、いきなり復縁することではありません。

ここを勘違いしてしまうと、かなり高い確率で復縁に失敗することになるので、一度文章を考えたら、

  • この内容は返信しやすいか?
  • この連絡は気軽に返信できるか?

と考えることが大切です。

2-5.ダラダラとLINEを続けないことも大切

彼と連絡がとれるようになると、会話がないのにいつまでも連絡を続けたくなってしまいます。

しかし、ダラダラとLINEを続けるのも避けたほうがいいですね。

と言うのも、元カノや元不倫相手から連絡がきた時点で、彼は身構えているからです。

  • 何かあるんじゃないか?
  • まだ俺に気があるんじゃないか?

という感じですね。だからこそ警戒するわけです。

しかし、要件が済んだらLINEをキッパリと終えることで、

  • え?本当にそれだけ?
  • これで終わり?

と、肩を透かされて、逆にあなたのことが気になり始めます。

さらに、一度、要件だけの連絡をとっておくことで、「連絡をとっても大丈夫」という印象を与えることができるので、

  • 次の連絡
  • そのまた次の連絡

へと繋げていきやすいです。

その結果、二人の関係を再構築していき、復縁にも繋がりやすくなっていく…ということですね。

3.連絡はあくまでもきっかけ!

今回は、不倫関係だった彼への久しぶりの連絡で注意することをご紹介しましたが、お役に立てましたでしょうか?

連絡はあくまでもきっかけです。

復縁は、0→100ではなく、

  • 30
  • 50
  • 70
  • 100

と少しずつ彼の気持ちを取り戻していくことが大切なので、ぜひ焦らず彼との関係を築いていってくださいね。

スキマ時間に読みたいちょっぴりエッチなオトナコラム


不倫コラム一覧へ

人気記事

最新情報を配信中!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

コメントを残す

*