あなたの身近にもあるかも?不倫に発展する11のきっかけと体験談

不倫のきっかけ

ひょんなことから始まる不倫。

  • ちょっとしたことがきっかけで…
  • 些細なことが理由で…

既婚者の彼と不倫関係になってしまった女性も少なくありません。

そして、「まさか自分が不倫をすることになるなんて」と思っている女性もきっと多いはず。

もっと言えば、

  • 不倫なんて絶対にありえない!
  • 不倫をするなんて人として終わってる!

と思っていた人が不倫をすることになる…というケースだってあります。

では、「不倫はなし」と思っていた女性が、既婚者の男性に恋をして、不倫に発展するきっかけとはどこにあるのでしょうか?

きっかけは意外と身近にあるものですし、避けて通ることができないこともあります。

そこでこの記事では、不倫に発展するきっかけを体験談と合わせてご紹介していきたいと思います。

\既婚彼との恋に未来はある?/ 不倫相手の既婚彼氏との将来を占ってもらった

1.不倫のきっかけになる11のシチュエーション

不倫のきっかけ

それでは早速、不倫のきっかけになるシチュエーションを見ていきましょう。

1-1.上司に仕事の相談に乗ってもらう

不倫で最も多いケースと言っても過言ではない「社内不倫」。

そして、社内不倫の代表的なパターンが、上司に相談に乗ってもらい関係が深まっていくケースです。

自分の相談に乗ってくれるということで、

  • この人は信用できる
  • この人は優しい

と思うきっかけにもなりますし、相談される男性側からしても、

  • 自分は悪く思われていない
  • 頼りにされている

と、いい気分になったりすることもきっと多いはず。

そして、不倫へと発展していく…そんなパターンはかなり多いです。

体験談

既婚(相手)×独身(自分)

仕事の相談に乗ってもらったり、アドバイスをもらったりしていたことで「信頼できる上司」という印象になっていき、好意を持つようになりました。

「上司と部下」という関係を続けていければよかったのですが、次第に仕事の悩みだけでなくプライベートの悩み相談にも乗ってもらうようになりました。

そうしてふたりの距離が縮まってきた時に、上司から「奥さんと上手くいっていない」「君のことが好きになってしまった」と言われ、いけないと分かりつつも、不倫関係に発展しました。

1-2.職場の飲み会で意気投合する

職場の飲み会も不倫のきっかけになることが多いシチュエーションです。

社会人になると飲み会に参加する機会も増えますし、飲み会では普段では見ることができない相手の一面を見ることもできます。

  • こんな一面もあったんだ!
  • プライベートでは意外と男らしいんだ!

と思うこともしばしば。

お酒が入るとガードも緩んでしまうので、そういったことからも「飲み会」は不倫のきっかけの鉄板です。

体験談

既婚(相手)×独身(自分)

職場では全く意識していなかった上司。

特別かっこいいわけではないし、職場で優しさを感じたこともあまりありませんでした。

しかし、会社の新年会でその上司とも一緒に飲むことになり、偶然、席が隣になりました。

その時にはじめて、男性としての魅力というか人としての魅力というか、なんだかよく分からない魅力を感じ、意識しはじめるようになりました。

その後も何度か飲み会があり、上司との関係がよくなっていき、男女の関係になりました。

1-3.残業でふたりきりになる

既婚男性とふたりきりになるシチュエーションは意外と少ないですよね。

しかし、残業となれば話は別。

お互い意識していなかったとしても、同じ密閉された空間に男女がふたりきりというのは異様な空間です。

そんな残業でふたりきりになるシチュエーションも、不倫に発展するきっかけになるケースも多いですね。

体験談

既婚(相手)×独身(自分)

私が仕事で大きなミスをして、残った仕事を片付けるために残業をしていた時に、最後まで手伝ってくれたのが後に不倫関係になる彼でした。

その時私は、仕事もプライベートも上手くいっていなくて、心身ともに弱っていました。

そんな時に彼から「大丈夫、俺が手伝うから」と言われて、一気に彼に惹かれていきました。

その日仕事が片付いたのは深夜1時。

彼は車で通勤していましたが、私は電車通勤だったので終電が無く帰ることができませんでした。

すると彼が、「送ってくから乗って」と言ってくれたので送ってもらうことにしたのですが、思いの外、車内で会話がはずみ、もう少し一緒にいたいということでラブホテルで泊まることになりました。

それから彼との不倫関係が始まり、3年経った今でも関係は続いています。

1-4.出張先で一緒に行動する

出張や社員旅行なども、不倫に発展するきっかけの定番中の定番です。

仕事だとしても、知らない土地に行くことはなんだか新鮮な気持ちになりますし、ワクワクした気持ちにもなります。

そういった環境の変化だけでなく、プライベートな一面を見ることができることも、出張や社員旅行の特徴でもあります。

体験談

既婚(相手)×独身(自分)

新入社員として入社した1年目の出張で、怖いと思っていた上司と行動することになりました。

はじめは「怒られたらどうしよう」「絶対に失敗しないようにしなきゃ」と緊張していたのですが、ふたりで行動している時は思っていたよりもずっと優しくて、新人だった私をリードしてくれました。

彼が結婚していることは知っていましたが、知らなかった一面を見たことで心を奪われてしまい、出張中に私のほうから誘い体の関係を持ちました。

1-5.上司の誘いを断りきれず

しつこい誘いも不倫のきっかけのひとつとして挙げることができます。

「しつこいからこれくらいなら」という気持ちが、不倫の始まりになることも多いですね。

体験談

W不倫

尊敬していた上司からの誘いを断ることができず不倫関係になりました。

夫婦関係は冷めきっていますが、私にも旦那がいるので、バレたらヤバいという気持ちがあり最初はキッパリとお断りしていたのですが、何度も誘ってくるので、仕方なく一度だけ食事に行くことにしました。

誘いを受けたのは、ちょうど旦那と喧嘩をしていた時だったのも影響していたのかもしれません。

そして食事を終えて、タクシーを待っている時に突然上司からキスをされ、ホテルに誘われました。

旦那とはセックスレスだったので、思わずときめいてしまい彼の誘いを受け、その日のうちに関係を持ちました。

1-6.SNSで元カレからメッセージをもらう

「SNSは不倫の温床」とも言われていますが、実際にSNSがきっかけで不倫に発展するカップルも少なくありません。

体験談

独身(相手)×既婚(自分)

別れてから一切連絡をとっていなかった元カレから、ある日突然「久しぶり!俺のこと覚えてる?」と連絡がきました。

元カレとは喧嘩別れで、絶対に嫌われていると思っていたので、連絡がきたときに嬉しさを感じました。

その時に、もう彼との不倫ははじまっていたのかもしれません。

その後、LINEで頻繁にやり取りをするようになり、夫への気持ちよりも元カレへの気持ちのほうが大きくなっている自分に気がつくようになりました。

数日後に彼と会うことになり、「お前のことが忘れられない。別れたことをずっと後悔してる」と言われ、不倫をすることになりました。

1-7.同窓会で学生時代の友人と出会う

同窓会も不倫のきっかけになりやすいシチュエーションですよね。

学生時代に仲が良かった友人や憧れていた男性と会うことで、気持ちが緩んでしまうことも多いです。

体験談

W不倫

高校の同窓会に昔好きだった彼が来ていました。

お互いに結婚指輪をしていましたが、当時の思い出話をしたり、近況を話したりなど、会話はかなり盛り上がりました。

お酒も入って二人の距離もみるみるうちに近くなってきて、彼からのボディタッチも多くなってきました。

私も彼の誘いに乗ってしまい、「ふたりで抜け出さない?」と持ちかけました。

もちろん、彼に奥さんがいることは知っていましたし、私に夫がいることも彼は知っていました。

しかし、彼も私の誘いを受けてくれて、そのままふたりでホテルに行き、セックスをしました。

遠距離ですが、今でも彼との不倫は続いています。

1-8.趣味の習い事で素敵な男性と出会う

習い事も不倫のきっかけとして多いですよね。

生徒だけでなく、先生との不倫も意外と多いです。

体験談

独身(相手)×既婚(自分)

体型を維持するためにスポーツジムに通っていたのですが、そのジムのインストラクターの方と不倫関係になりました。

はじめは「綺麗なスタイルを手に入れたい」という気持ちで通い始めましたが、途中からはインストラクターの方に会いたいから通うようになっていました。

でも、「もうおばさんだし結婚してるし、私なんかに興味があるはずがない」と思い、自分の気持ちを伝えることはありませんでしたが、彼のほうから「僕、仕事もう少しで終わるので、一緒にお茶でもどうですか?」と言われ、ふたりきりと食事に行くことになりました。

その日は本当に食事をしただけでしたが、LINEを交換して、その日からLINEのやり取りをするようになりました。

それから数日後、彼とは不倫関係になり、体の相性が良すぎて抜け出せなくなりました。

1-9.子供の送り迎えでパパさんと意気投合

W不倫の鉄板のシチュエーションとして挙げられるのが、子供が同じ学校に通うパパさんとの不倫です。

体験談

W不倫

子供同士が仲が良いということもあって、送り迎えの時に相手のパパさんと話をするようになりました。

世間話から旦那の愚痴や不満まで。

送った後にお茶をすることも増えてきて、家に旦那がいない時に彼を招くことも多くなってきました。

そんなことを繰り返していたある日、家庭で色々問題があったりストレスが溜まっていたことなどから、彼に軽いちょっかいをかけてみました。

すると彼は、私のことをギュッと抱きしめてキスをしてくれました。

その後は体の関係を持ち、子供が小学校に上がった今も、二人の関係は続いています。

1-10.昔からの心を許せる男友達と

昔からの友人は、心を許せる友達ですし相談事もしやすいので、不倫関係にも発展しやすいです。

体験談

独身(相手)×既婚(自分)

元々、絶対に不倫は反対だったのですが、昔からの男友達といい雰囲気になり不倫をしてしまいました。

一度体を許してからは、どんどん彼の魅力に惹かれていき、不倫関係から抜け出せなくなりました。

1-11.街中でナンパされたことがきっかけで

意外と多いきっかけが「ナンパ」です。

ナンパには絶対についていかないと思っている人でも、いざ声をかけられると、断りきれなかったり気持ちが揺れ動いたりしてしまうものです。

体験談

独身(相手)×既婚(自分)

結婚して、旦那以外から女として見られることが減ってから、ずっと「私には女としての魅力がない」と思っていました。

ついには旦那ともセックスレスになり、女としての価値はゼロとまで思うようになりました。

しかし、ひとりで買い物に出かけていたある日、若いお兄さんから「お姉さん今何してるの?ちょっと遊ばない?」と声をかけられました。

普通なら絶対にスルーするようなナンパですが、私を女性として見てくれたことや声をかけてくれたことが嬉しくて嬉しくて…。

怖さもありましたが、ついていくことにしました。

その日は、その後に予定があったので、軽く話をしてお別れしましたが、LINEを交換して次回の約束をしました。

そして、次に会った時に彼と体の関係を持ち、不倫をすることになりました。

2.「不倫のきっかけ」に直面した時に考えたい2つのこと

不倫のきっかけ

ここまでは、不倫のきっかけについてご紹介しましたが、「不倫のきっかけ」に直面した時、どうするのが正解なのでしょうか?

ここからは、不倫のきっかけに直面した時に考えたい2つのことをご紹介します。

2-1.できれば不倫はしないほうがいい

私自身、既婚者の彼と不倫をしていますし、既婚者の男性ばかりを好きになってしまいます。

しかし、もし私から「不倫予備軍」の方にアドバイスをすることができるのであれば、間違いなく「できれば不倫はしないほうがいい」と言うでしょう。

もっともらしいことですが、特に「既婚×独身」の不倫で、自分が独身側の場合は、彼と不倫関係になることでかなりつらい思いをすることになると思いますし、関係を終わりにしたくてもできないことに悩むことになると思います。

  • ちょっとくらいなら…
  • 彼のことが好きだから…

軽い気持ちで始めた不倫から抜け出せなくなるケースは非常に多いです。

私自身も、

  • もうこの関係を終わりにしよう
  • もう彼とは別れよう

と何度も考えていますし、今日こそ別れを告げようと思っていますが、結局不倫から抜け出せないままズルズルと関係を続けています。

不倫をして傷つくことになるのは、相手の奥さんだけではなく、「自分自身」も傷つくことになるということは、不倫をする前に知っておいてくださいね。

2-2.どうしても気持ちを抑えきれない場合は、期間限定で!

しかし、気持ちを理性で抑えることは簡単ではありません。

好きになってしまった以上、その気持ちを止めることができないケースだってあります。

そのような場合は、期間を決めて不倫をすることをオススメします。例えば、

  • 3ヶ月だけ不倫関係を楽しむ
  • 半年後には何があっても別れる

などですね。

もちろん、自分で決めたルールを守ることが大前提ですが、不倫をする期間を決めておくことで、不倫から抜け出せないループから抜け出しやすくなるはずです。

3.不倫のきっかけはそこらじゅうに溢れている

今回は、不倫のきっかけについてご紹介しましたが、お役に立てましたでしょうか?

意外なことに、不倫のきっかけはそこらじゅうに転がっています。

  • 職場
  • 習い事
  • 友人
  • 元カレ
  • ナンパ

いつ誰が誰と不倫をすることになってもおかしくない世の中なので、絶対に不倫恋愛をしたくない方は、注意しながら生活したほうがいいかもしれませんね。

スキマ時間に読みたいちょっぴりエッチなオトナコラム


不倫コラム一覧へ

人気記事

最新情報を配信中!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

コメントを残す

*