不倫相談はやめたほうがいい?相談相手に選びづらい女友達の3つの特徴

人にはなかなか相談しづらい不倫の悩み。

しかし、誰かに話を聞いてほしかったり、助言がほしかったり、愚痴をこぼしたかったりなど、「人に相談したいこと」が出てくるのも不倫恋愛の特徴です。

でも、気軽に誰にでも相談できることではないですし、相談したことがきっかけで友人関係に亀裂が入ってしまうこともあるので、誰に相談するべきか迷うこともありますよね。

また、

  • 本当に誰かに相談してもいいのか?
  • 自分ひとりで解決するべきではないか?

と、相談相手がいたとしても、相談することを躊躇してしまうことも珍しくありません。

そこでこの記事では、不倫の悩み相談や相談相手に選びづらい女友達の特徴についてご紹介していきたいと思います。

\既婚彼との恋に未来はある?/ 不倫相手の既婚彼氏との将来を占ってもらった

1.不倫の悩みをひとりで抱え込むべきではない3つの理由

不倫の相談相手

まずは、相談しづらい悩みだからといって、ひとりで抱え込むべきではない3つの理由から確認していきましょう。

1-1.どんどんネガティブになっていくから

不倫関係が長くなってくると、彼との関係や不倫をしていることにもだんだん慣れてきて、不倫開始当初の感覚は次第に薄れてくるものの、

  • 私なにやってるんだろう…
  • 本当にこのままでいいのかな…
  • 彼と一緒にいて幸せになれるのかな…

とネガティブな気持ちも強くなってきて、「幸せ」だけを感じることが難しくなってきます。

また、「奥さんがいる男性と付き合っている自分」が嫌になってくることもありますよね。

不倫をしたことが原因で、自分のことが嫌いになってしまう方も珍しくありません。

もちろん、不倫はできることならしないほうがいい恋愛の形ですし、世間的にもいけない恋愛だとされています。

しかし、既婚者を好きになってしまった以上、彼のことを好きになってしまった以上、ネガティブになっていても仕方がありません。

ひとりで抱え込んでネガティブの連鎖を起こしていくよりも、誰かに気持ちを打ち明けて、少しでもポジティブな気持ちを生み出していくことは、彼との不倫恋愛をよりいいものにしていくためには必要なことかもしれませんね。

1-2.思いを吐き出すことで気持ちがラクになるから

自分の中にある思いを吐き出すことで、本当に気持ちがラクになります。

例えば、

  • 不倫がしたくて不倫をしているわけではないこと
  • 彼と一緒に過ごす時間についてのこと
  • 彼と会う頻度についてのこと

など、「愚痴」を聞いてもらうだけでも気持ちはラクになるはずですよ。

1-3.自分以外の意見を聞くことで視野が広がるから

やはりこれも相談することのメリットのひとつとして忘れてはいけないポイントのひとつです。

ひとりで悩みを抱え込んでいると、どんどん自分にとって悪い方向に考えてしまったり、はたまた自分にとって良い方向に考えたり、極端な考えになりがちです。

また、自分の頭の中だけで悩みを処理するので、自分の考えや意見だけが頼りになり、凝り固まった考えになってしまいますよね。

しかし、参考になるかどうかは別として、

  • 自分とは違う人の意見
  • 自分とは違った感覚を持つ人の意見
  • 不倫をしていない人の意見
  • 不倫を経験したことがある人の意見
  • 今まさに不倫をしている人の意見

など、人の意見を聞くことで、「恋愛」や「不倫」に対する視野も広がることが多いです。

2.相談相手に選びたくない女友達の3つの特徴

不倫の相談相手

ここからは、相談相手に選びたくない女友達の特徴をご紹介していきたいと思います。

2-1.口が軽い

口が軽い人は絶対に選びたくないですよね。

不倫恋愛で最も避けたいことは「バレること」なので、口が軽い友達を選ぶと、その友達からそのまた友達、そのまた友達へと、不倫をしていることが周りにバレていく可能性が高くなります。

そもそも口が軽い人に大切な相談をするべきではないので、口が軽い人に不倫の相談をするべきではないでしょう。

2-2.職場の同僚

特に社内不倫の場合は、職場の同僚は絶対に避けるべきです。

社内不倫の場合は、自分だけのことではなく相手のこともありますし、もし不倫をしていることが職場の上司や同僚にバレることで、噂が広まり社内の空気が悪くなることもあります。

最悪の場合は、解雇されるケースもあります。

そのため、「この人なら大丈夫!」と思える人でも、同じ職場の人であれば相談は避けたほうが無難でしょう。

2-3.不倫反対派の人

  • 不倫、絶対反対!
  • どんな理由があっても不倫はダメ!

というタイプの人への相談も避けたほうがいいかもしれません。

というのも、このようなタイプの人に相談したとしても、頭ごなしに「不倫をしていることだけ」を否定されてしまうからです。

  • 不倫がいけないこと
  • 不倫がよくないこと

は、不倫をしている自分だってよく分かっています。

しかし、それが分かっていたとしても簡単にやめられないのが不倫ですし、不倫したくて不倫をしている人は滅多にいません。

そのため、頭ごなしに否定される可能性が高いことが分かっているタイプの人も、相談相手に選びたくないタイプです。

3.不倫の相談相手を探すならこんな人にしよう!

不倫の相談相手

最後に、不倫の相談相手に適している人をご紹介したいと思います。

誰に相談したらいいか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

3-1.心を許せる昔からの親友

心を許せる昔からの親友は、やっぱり頼りになります。

昔からの付き合いであれば、自分のこともよく分かってくれていますし、自分のことを思って相談を聞いてくれます。

  • 彼と不倫をしていることのつらさ
  • 彼と恋愛をしていて楽しいこと
  • 彼との恋愛で悩んでいること

などを真剣に聞いてくれて、きっと勇気づけてくれることでしょう。

「不倫のことだから相談しづらい」と感じる場合は、まずは不倫だということは隠して、普通の恋愛相談として話を聞いてもらうこともアリかもしれませんね。

もしくは、自分のこととしてではなく、「知り合いが不倫していて、悩んでるんだけど…」と、自分の知り合いの相談として話を切り出してみるのもいいかもしれません。

3-2.不倫をしている人や不倫経験者

不倫の悩みは不倫をしている人にしか分かってもらえない部分も多いです。

同じ境遇にいる人や経験したことがあるからこそ分かる気持ちだったり、理解できることもありますよね。

そのため、あなたの周りに不倫をしている人や不倫恋愛を経験したことがある人がいるのであれば、その人を相談相手に選んでみるといいかもしれません。

不倫をしている人や不倫経験者であれば、

  • バレてはいけないこと
  • 人に知られてはいけないこと

ということも分かっているはずなので、むやみやたらに人に話したりすることもありません。

3-3.男友達

不倫に限らず、恋愛相談はついつい女性の相談相手を選ぶことが多いですが、男性の友人を選んだほうが幅広い意見を聞くことができます。

また、男性は女性に比べて口が堅いことが多く、日常的に恋愛話をするわけでもないので、不倫をしていることがバレづらいというメリットもあります。

もちろん、「気心の知れた男友達」であることが大前提ですが、相談相手に選ぶことができる男友達がいるなら、その方に相談してみることをオススメします。

3-4.ネット上だけで付き合いのある人

プライベートでの付き合いはないけれど、SNSなどだけで繋がっている人もオススメです。

プライベートで付き合いのある人だと、もし相談したことが周りの人に筒抜けになった時のリスクがありますが、ネット上だけでの付き合いであれば、かりに不倫をしていることが筒抜けになったとしてもそれほどリスクは高くありません。

また、ネット上だけの付き合いだからこそ、本音で相談に乗ってくれることもあります。

3-5.通っているお店の店員さん

例えば、

  • 通っている美容室の美容師さん
  • 通っているネイルサロンのネイリストさん
  • 通っているマッサージ店のマッサージ師さん

など、通っているお店の店員さんやスタッフさんに相談するのもアリです。

特に、美容師さん、ネイリストさん、マッサージ師さんなどは、話を聞くことに慣れていますし、お客さんから聞いた話を言いふらして信頼関係を壊すような真似をする可能性も低いので、人には打ち明けられない話も話しやすいですよね。

隣に別のお客さんがいる…という状況では相談しづらいですが、マンツーマンの環境だったら割りと話を切り出しやすいので、機会がある場合は店員さんに相談してみるのもいいでしょう。

3-6.恋愛カウンセラーや占い師

どうしても周りに相談できる人が見つけられない場合は、恋愛カウンセラーやプロの占い師に相談するのもひとつの手です。

最近では、ネット上で相談ができるサービスや恋愛相談を受け付けているサイトなど、様々なネット相談サービスがあります。

また、電話占いなども話題になっていますが、実はこの電話占い、運勢を占ったりするだけでなく、恋愛相談にも乗ってくれます。

当サイトの読者さんも多数利用している「電話占いウィル」でも、不倫に関する悩み相談を受け付けている占い師さんも多いので、この機会に利用してみるのもいいかもしれませんね。

※今なら無料ポイントのプレゼントをおこなっているので、無料で相談することができます。

4.不倫の相談相手は慎重に選ぼう!

今回は、不倫の相談相手についてご紹介しましたが、お役に立てましたでしょうか?

不倫の相談相手は慎重に選ぶべきですが、記事内でもご紹介したように、不倫の悩みをひとりで抱え込んでいいことはありません。

ぜひ、あなたにとって最適な相談相手を見つけて、悩みを打ち明けてくださいね。

スキマ時間に読みたいちょっぴりエッチなオトナコラム


不倫コラム一覧へ

人気記事

最新情報を配信中!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

コメントを残す

*