もうつらすぎる…不倫の失恋がこんなにもつらい5つのワケ

不倫の失恋がつらい

恋の終わりは誰にとっても寂しくつらいもの。

たとえ一緒に過ごした時間が短かったとしても、愛する人と一緒に過ごす時間は、自分の気持ちを満たしてくれますし、つらいことがあったとしても吹き飛ばしてくれます。

恋が終わると、前を向いて次の恋愛や仕事、趣味など自分のために時間を使っていきたいものですが、簡単に割り切ることができないですよね。

特に不倫の終わりはつらいことが多く、

  • どうしてこんなにもつらいの!?
  • なんでこんな悩むことがたくさんあるの!?

と、自分で自分の気持ちを疑ってしまうほどつらいことがたくさんあります。

では、「こんなにつらい思いをするのははじめて…」と思ってしまうほど、不倫の失恋がつらい理由はどこにあるのでしょうか?

この記事では、不倫の失恋がつらい5つの理由をご紹介していきたいと思います。

\既婚彼との恋に未来はある?/ 不倫相手の既婚彼氏との将来を占ってもらった

1.不倫の失恋が息もできなくなるほどつらい5つの理由

不倫の失恋がつらい

それでは早速、不倫の失恋がつらい5つの理由を見ていきましょう。

1-1.不倫は特別な恋だから

不倫という恋愛の形は、「特別な恋」と感じることが多く、

  • 彼は自分にとって最もいい存在
  • 彼以上の男性にこの先も出会うことはできない

と思うことが多いです。

あなたも彼との恋愛が自分にとって「特別だった」と感じているのではないでしょうか?

これは不倫恋愛の魅力でもありますが、恋が終わると特別な恋を失ってしまうことになるので、その分、喪失感も大きくショックも受けやすいです。

1-2.「もし」を考えてしまうから

不倫をしている以上、「もし」を考えることは避けて通れない道ですよね。

例えば、

  • もし奥さんより先に出会っていたら?
  • もし彼が結婚していなかったら?
  • もし独身同士だったら?

などです。

また、

  • もし彼との約束を守っていたら、奥さんにもバレなかった?
  • もし自分の気持ちを押し付けすぎなかったら、別れていなかった?

なども考えてしまうポイントですよね。

このように不倫は、不倫中も別れてからもたくさんの「もし」が頭に浮かんできます。

つまり、別の未来を考ええしまう…ということですね。

  • 独身同士で出会っていた未来
  • 不倫がバレなかった未来
  • 別れる原因を作らなかった未来

など、彼との関係の可能性を考えてしまいますよね。

この「もし」が不倫の失恋をつらくしている原因のひとつです。

1-3.常にライバルがいる恋だったから

不倫恋愛は、常にライバルがいる状態です。

彼が既婚者の場合は「奥さん」がライバルですよね。

表面上は、

  • 不倫だから
  • 奥さんがいてもいい

と受け入れていても、「自分が彼にとっての一番になりたい」「彼を独り占めしたい」という気持ちがなくなるわけではありません。

だからこそ、既婚×独身の不倫では、独身側のほうが相手のために一生懸命尽くしやすくなり、彼にとって一番の自分を作り出していく傾向があるわけです。

そのため、彼との不倫が終わるということは、奥さんに負けたということにもなり、劣等感からつらさが倍増することも多いです。

  • あんなに頑張ったのに…
  • あんなに彼のために尽くしたのに…
  • 奥さんより私のほうが彼のことを愛しているのに…

と。

悔しいですよね。

悔しさは、つらさに上乗せされるので、不倫の失恋はつらい思いが募りやすくなります。

1-4.別れたくて別れたわけじゃないから

不倫の別れの最大の特徴と言ってもいいことが、必ずしも「別れたくて別れるわけではない」ということ。

代表的なことで言うと、不倫バレで別れなければいけなかった…などですね。

一般的なカップルであれば、お互い、もしくはどちらかの気持ちが冷めることで別れを選ぶことが基本ですが、不倫の別れは愛情の喪失だけではありません。

別れざるを得ない状況だってあるわけです。

お互いがお互いに対して気持ちがあるにも関わらず別れるわけですから、つらくないわけがありません。

もちろん、不倫の別れでも、愛情がなくなったことが原因になることもありますが、その場合でも少なからず第三者や愛情以外も関係しているケースが多いです。

「もう気持ちが冷めたから別れたい」とキッパリと言われたら、諦めもつきやすくなりますが、「好きだけど別れなきゃいけない」と言われたら、受け入れることは難しいですよね。

1-5.我慢してきたことがたくさんあるから

不倫の恋愛はとにかく我慢することが多いです。

デートをする時は人目を気にしなければいけないし、一緒にいる時も奥さんからの連絡を気にしなければいけません。

さらに、

  • 彼が家にいる時は連絡してはいけない
  • 大型連休は家族と出掛けるから会えない
  • 人前では他人のフリをしなければいけない

など、カップルそれぞれに約束があり、そのルールを守り交際していかなければいけません。

「彼と一緒にあれがしてみたい!」「彼と一緒にここに行きたい!」という願いも叶わないことが多いですよね。

そのため、不倫の恋愛は不完全燃焼の恋になりやすく、我慢してきたことを発散できることなく恋が終わってしまうケースが非常に多いです。

2.不倫の失恋から前に進んでいくためのちょっとした3つのコツ

不倫の失恋がつらい

ここからは、不倫の失恋から前に進んでいくためのちょっとしたコツをご紹介したいと思います。

忘れたいけど忘れられない「不倫の恋」の6つの忘れ方」でもご紹介していますが、私自身も不倫の失恋を経験していますし、彼のことを忘れることができず、毎日泣いていた時期がありました。

しかし、いつまでも泣いていては、復縁を目指すにしても新しい恋愛に進むとしても、前に向かっていくことができないので、悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

2-1.忘れなきゃいけないと思いすぎない

彼のことを忘れて前に進むためには、忘れなきゃいけないと思いすぎないことも大切です。

「寝なきゃいけない」と思うほど寝れなくなるのと同じように、「忘れなきゃいけない」と思うほど彼のことを忘れることが難しくなっていきます。

もちろん、綺麗さっぱり忘れることができるのが一番いいんでしょうけど、本気の恋なわけですから簡単に忘れることなんてできるはずがありません。

そもそも簡単に忘れられたり、切り替えたりできるくらいなら、こんなにもつらい思いはしていないはずですからね。

だからこそ、「忘れられないなら忘れられなくてもいい」と良い意味で割り切ることも大切です。

そのほうが結果的に早く気持ちを楽にすることができますし、早く前に進んでいくこともできると思いますよ。

2-2.気持ちを思いっきり吐き出してみる

不倫の悩みのつらいことって、誰にも相談できないことですよね。

相談したとしても、

  • 不倫なんかやめて幸せになれる恋愛しなよ
  • 不倫は良くないよ

ということを言われてしまいますし…。

そんなことは自分でも分かっています。でも、それ以上に彼のことが好きだから、不倫だったとしても彼と一緒にいることを選んだわけです。

基本的に、不倫について悩んでいる人の気持ちは不倫を経験したことがある人にしか分かってもらえません。

または、不倫に偏見がなく、一般論を押し付けるのではなく心から話を聞いてくれる人ですね。

なので、そういった人を見つけて話を聞いてもらうこともひとつの手です。

最近では、SNSでも不倫アカは結構ありますし、ネットで相談サービスをおこなっているところもあるので、そういったところで相談してみてもいいかもしれませんね。

ネット相談サービスでは、復縁を目指す場合は「絶対復縁宣言」がオススメですよ。

口コミについては、「絶対復縁宣言の相談は不倫の復縁にも効果的?口コミを徹底調査!」でご紹介しているので参考にしてみてください。

2-3.夢中になれる何かを見つける

夢中になれる「何か」を見つけることも、前に進むきっかけを作るコツです。

この「何か」とは、趣味でもいいですし、自分磨きでもいいですし、新しい男性との恋愛でも問題ありません。

とにかく「夢中になれることを見つける」ということが大切なので、何か夢中になれることはないか考えてみてください。

例を挙げると、

  • 趣味に没頭する
  • 仕事に専念する
  • 徹底的に自分磨きをする
  • 友達と遊びまくる
  • たくさん旅行に行く

などですね。

3.まずは別れを受け入れることが前に進むカギ!

今回は、不倫の失恋がつらい理由や乗り越えるコツをご紹介しましたが、お役に立てましたでしょうか?

不倫の失恋から立ち直るためには、まずは彼との別れを受け入れることが大切です。

別れを受け入れることが次に進むきっかけにもなりますし、自分の中で区切りを付けることができます。

簡単にできることではありませんが、意識しなければできないことでもあるので、ぜひ意識してみてください。

スキマ時間に読みたいちょっぴりエッチなオトナコラム


不倫コラム一覧へ

人気記事

最新情報を配信中!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

コメントを残す

*